ファンド詳細

【ユーロ建て】バルト地域フィンテック事業者ファンド2号

表面利回り
(年率/税引前)
7.0%
運用予定期間
約13か月
貸付通貨
EURユーロ建て
投資倍率
1.075
最低投資金額/投資単位
¥10,000
当初販売目標金額
¥20,000,000
募集期間
2022/11/25 〜 2022/12/23
分配開始予定時期
2024年2月初旬
分配方法
満期一括
運用手数料
2.7% (年利換算2.5%)
担保・保証

当社担当者から投資家の皆様へお伝えしたいこと

・欧米で拡大している後払い決済サービスを提供するフィンテック企業
・グループ中核会社であるESTO AS社の債務保証付き

ESTO社のメンバー
本ファンドでは、リトアニアで個人向けオンラインレンディング事業を展開するUAB ESTO社に対し、ユーロ建てで貸付を行うものです。

【ESTOグループについて】

ESTOグループは、エストニアを中心にリトアニア、ラトビアを含むバルト地域にて、後払い決済(BNPL: Buy Now Pay Later、日本語では「今買って後で支払う」)を中心としたオンラインレンディング事業を展開している金融事業者です。

主力商品はインストールメントローンとクレジットラインの2種類であり、利用者が実店舗またはショッピングサイトで商品を購入時にオンラインで審査を実施し(独自開発の審査システムにより、書類提出後60秒以内に審査完了)、利用者が選択した支払額・回数・期間に基づき、貸付を実施します。販売店にとっても、利用者の高額商品の購入可能性を高めると共に、購入履歴のある顧客情報を捕捉し、顧客に合わせた販促活動が容易になるメリットがあります。

ESTOグループの中核会社であるESTO AS社は、2017年にエストニアで設立されて以来継続的に顧客を獲得し、業績を急拡大させています。2019年にリトアニアで設立されたUAB ESTO社もESTO AS社と同様の事業を展開しており、同じく事業の拡大を見込んでいます。

【リトアニアについて】

リトアニアはヨーロッパの北東部に位置するバルト三国の中で最も南の国です。中世の色彩を残した美しい街並みを求めて、日本からも多くの観光客が訪れています。そして、第二次世界大戦中ナチスの迫害からリトアニアに逃れてきたユダヤ人に対して杉原千畝氏が「命のビザ」を発給し、何千もの人々の命を救ったことでも知られています。

経済面では、リトアニアは1990年にソ連からの独立を宣言してからは目覚ましい成長を遂げ、2000~2007年にはエストニアとラトビアと共に「バルトの虎」と呼ばれる急速な経済成長を達成しました。2008年のリーマンショックで打撃を受けましたが、2011年以降は回復基調に戻り、新型コロナウイルス感染症の世界的な拡大が始まる前までの実質GDP成長率は毎年2~3%台で推移し安定した経済成長を続けていました。持続的な経済成長や財政健全化、インフレ率の安定化などを背景に、2015年にはユーロの導入も果たしています。

また、人口は300万人に満たない小国ではあるものの、堅実な財政運営や各種の安定的な経済指標が評価され、S&Pグローバル・レーティングによるリトアニア政府の外貨建て長期格付けは「A+」(見通し:安定的)と日本と同水準となっています(2022年8月末時点)。

本ファンドの投資スキーム

本ファンドは、クラウドクレジット・ファンディング合同会社(以下「クラウドクレジット・ファンディング」といいます)がクラウドクレジット株式会社(以下「当社」といいます)のエストニア子会社であるCrowdcredit Estonia OÜ(以下「エストニアグループ会社」といいます)に対して貸付けを行います。

その上でエストニアグループ会社はこの借入金を原資として、リトアニア に籍を置くUAB ESTO (以下「ESTO社」といいます)へ貸付けを行います。

投資家の皆様には、クラウドクレジット・ファンディングのエストニアグループ会社向けの貸付事業に対して出資していただきます。

  • グループ会社貸付金は無担保で、貸付に係る基本契約に責任財産限定条項(エストニアグループ会社の返済義務の範囲を、エストニアグループ会社が各ファンドにおいて実施した貸付の回収金等に限定する条項)が付されております。
  • クラウドクレジット・ファンディングからエストニアグループ会社への貸付金利は年利10.3%です。
  • エストニアグループ会社からESTO社への貸付金利は年利11.5%( 単利 )です。
  • エストニアグループ会社は送金に際して取引銀行に対して所定の送金手数料を支払います。
  • エストニアグループ会社がクラウドクレジット・ファンディングに対して返済を終えた後にエストニアグループ会社に残った財産はエストニアグループ会社の収入となります。
  • エストニアグループ会社がESTO社に対してユーロ建てで貸付けをするにあたり外国為替手数料等が発生します。

営業者・募集取扱者について

匿名組合の営業者 クラウドクレジット・ファンディング合同会社
※クラウドクレジット株式会社の100%子会社
募集・私募取扱業者 クラウドクレジット株式会社

本ファンドに関する重要情報

  1. 当社はクラウドクレジット・ファンディングとエストニアグループ会社の議決権を100%保有しております。また当社の代表取締役である杉山智行は、クラウドクレジット・ファンディングの代表社員としての当社の職務執行者およびエストニアグループ会社のDirectorをそれぞれ兼務しており、両社の財務および営業または事業の方針の決定に関して影響を与える立場にあります。
  2. クラウドクレジット・ファンディング、エストニアグループ会社およびクラウドクレジット株式会社(連結ベース)の主な経営・財務指標は以下のとおりです。
  3. 本ファンドに関する資金使途および事業計画の概要につきましては、上記の説明のほか、本サイトに掲載しております本ファンドに関する契約締結前交付書面をご参照ください。
  4. 本ファンドに関する出資金は、金融商品取引業等に関する内閣府令第125条その他の法令に定める基準に則り、クラウドクレジット・ファンディングが開設するファンドの種類別・号数別に開設する預金口座で分別管理を行います。
    分別管理を行う預金口座について
    銀行の商号 株式会社三井住友銀行
    営業所の名称 日比谷支店
    所在地 東京都港区西新橋1-3-1
    口座名義 本サイトに掲載の契約締結前交付書面をご参照ください。
    口座番号 本サイトに掲載の契約締結前交付書面をご参照ください。
    ※分別管理を行う預金口座へ直接お振込みされないようご注意ください。
  5. 本ファンドに関するリスクにつきましては、「ファンドのリスク」タブに記載した説明に加え、本ファンドに関する契約締結前交付書面をご参照ください。また本ファンドの譲渡や中途解約は、匿名組合契約書に定める場合を除きお受けできません。
  6. 出資いただいた後の本ファンドの出資対象事業の概況等につきましては、クラウドクレジット・ファンディングの委託を受けた当社が、ウェブサイト(マイページを含みます)に掲載する方法または電子メールにて送付する方法により投資家の皆様にファンド報告書を交付してお知らせいたします。
  7. 本ファンドに関する運用手数料は、出資額の総額が募集金額に達しないこと、またはエストニアグループ会社に資金を貸付け回収する事業が開始できないと判断したことを理由にクラウドクレジット・ファンディングが匿名組合契約を解除した場合等を除き、払戻しはいたしません。詳しくは本ファンドに関する契約締結前交付書面をご確認ください。
  8. 本ファンドの募集開始日現在、エストニアグループ会社には、返済の猶予を受けているクラウドクレジット・ファンディングからの他のファンドに関する貸付契約(責任財産限定条項あり)がございます。

本ファンドのリスク

リスクは「契約締結前交付書面」に記載しております。事前に必ずご確認ください。以下に本ファンド固有のリスクについて抜粋します。

実質的な貸付先その他の関係者の信用リスク

ファンドの資金は、匿名組合の営業者としてファンドを運営する当社のグループ会社からの他のグループ会社に対する貸付を経由して、最終的に海外の資金需要者(実質的な貸付先)に対する貸付債権の取得資金(貸付金または購入代金)に充てられます。 個々の事情や経済情勢等により実質的な貸付先からの返済が当初の想定通りになされなかった場合、または何らかの事情により上記のグループ会社の財政状態が悪化した場合、本事業における収益の減少または費用の増加がもたらされ、投資家の皆様への分配金額の減少や分配金の遅延などが生じるおそれがあります。

実質的な貸付先 UAB ESTO
(リトアニア 籍の法人)
実質的な貸付先の信用補完先ESTO AS
(エストニア籍の法人)
匿名組合の営業者として本ファンドを運営する当社のグループ会社 クラウドクレジット・ファンディング合同会社
(以下「クラウドクレジット・ファンディング」といいます)
本ファンドからの借入金により実質的な貸付先に対する貸付けを行う当社のグループ会社 Crowdcredit Estonia OÜ
(以下「エストニアグループ会社」といいます)

為替変動リスク

為替レートの変動によって分配金は増減します。​

関連する為替レート 円/ユーロの為替レートの変動

貸付通貨(円・米ドル・ユーロを除く)の当社ラベリングはこちらをご確認ください。

ファンドの投資スキームに関わるリスク

当社のファンドは、関係各国の法制(各国間における租税条約や税制を含む)に従い、複数の関係者における業務の連携を伴う投資スキームを基盤としています。そのため、関係国における政治経済情勢の変動や法制の変更、関係者における業務遂行の困難や不能等により投資スキームが十分に機能しなかった場合、本事業における収益の減少または費用の増加がもたらされ、投資家の皆様への分配金額の減少や分配時期の遅延などが生じるおそれがあります。

関連する国 日本国(当社およびクラウドクレジット・ファンディングの所在国)、エストニア共和国(エストニアグループ会社の所在国、貸付先の信用補完先の所在国および事業展開国)、リトアニア(貸付先の所在国および事業展開国)

その他リスク

その他のリスクやリスクの詳細等は本サイトにある「契約締結前交付書面」に記載しております。事前に必ずご確認ください。

またクラウドクレジットで扱うファンド共通のリスクについて以下よりご確認ください。

クラウドクレジットで扱う
ファンド共通のリスク

貸付債権の管理、回収方針・態勢

実質的な貸付先に対する貸付債権について、エストニアグループ会社は、実質的な貸付先の経営環境、財務状況、株主・代表者等の異動状況などについて定期的なモニタリングを行っております。係るモニタリングを履行する中で、貸付債権回収への影響が懸念される状況を把握した際には、エストニアグループ会社は実質的な貸付先の詳細な業況把握や事業計画等の進捗管理を強化すること等により、回収に係るリスクの低減を図るとともに、当初予定するスケジュール通りの返済に懸念が生じた場合は、業況を詳細に注視しながらのリファイナンスや返済繰り延べ、貸付契約に基づく早期返済請求や裁判手続きによる回収等を慎重に判断し、適切に推進することで回収額の極大化を図ってまいります。

貸付先の事業内容

UAB ESTO社は、2019年7月にリトアニアで設立されたオンラインレンディング事業者で、後払い決済(BNPL: Buy Now Pay Later、日本語では「今買って後で支払う」)を中心としたオンラインレンディング事業を展開している金融事業者です

主力商品はインストールメントローンとクレジットラインの2種類であり 、利用者が実店舗またはショッピングサイトで商品を購入時にオンラインで審査を実施し(独自開発の審査システムにより、書類提出後60秒以内に審査完了)、利用者が選択した支払額・回数・期間に基づき貸付を実施します。販売店にとっても、利用者の高額商品の購入可能性を高めると共に、購入履歴のある顧客情報を捕捉し、顧客に合わせた販促活動が容易になるメリットがあります。

貸付先の情報

基本情報

業者の名称 UAB ESTO
所在地 リトアニア ヴィリニュス
Vilnius, Lvovo g. 25-104, Lithuania
事業展開している国・地域 リトアニア
業種 ノンバンク(個人向け)
設立年月日 2019年07月30日
主要メンバー 【Director】  Justas Ramelis
従業員数 7名(ESTOグループ全体では60名超)
Webサイト https://esto.eu/lt?lang=lt
備考 事業展開国・地域の割合(ESTOグループ)
エストニア98%、リトアニア・ラトビア2%(各国の割合は2021年12月時点のESTOグループの融資残高に基づくものです)

※2022年07月31日時点の情報

財務情報

財務情報はありません。

信用補完先[1]の情報

基本情報

信用補完先の名称 ESTO AS
信用補完先の所在地 エストニア タリン
Harju maakond, Tallinn, Kesklinna linnaosa, Laeva tn 2, 10111
信用補完先の業種 ノンバンク(個人向け)
信用補完先の設立年月日 2017年01月06日
信用補完の種類 保証
Webサイト https://esto.eu/ee?lang=et

※2022年07月31日時点の情報

財務情報等

決算年月 2019年12月 2020年12月 2021年12月
営業収益 2,014 6,321 10,289
税引後当期純損益 354 1,433 2,743
総資産 13,203 22,309 33,373
貸出金融資産 12,206 19,071 30,216
総負債 12,746 20,628 29,809
純資産 457 1,681 3,564
その他特記事項 - - -

単位:千ユーロ
監査法人:KPMG Baltics
※毎年の監査済報告書については、通常期末から6か月以内の提出を求めており、各社から受領次第、内容を更新します。
※2019年はESTO AS社の単体決算、2020年と2021年はESTOグループの連結決算を記載しております。

満期時運用レポート

公開中のレポートはありません。

運用状況報告

公開中のレポートはありません。